読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

左馬助通信

日々の暮らしの中で感じたことや身の回りの出来事などを綴っています。

働くときに契約形態を選べるなら

生活

もし、臨時・嘱託という形でも期間を定めないならば、正社員と同等の待遇を受けることやワキガ対策商品ランキングを知ることができるケースは多い。
それだけに、いろんなパターンで契約ができるならば、雇用期間を設定したり、時給制にするのは損だということだ。

このように、正社員に準じながらも、不利をこうむる自由人の皆さんなのだが、しかし、残業、正式名称「時間外賃金」だけは同じ規定。
月給制であろうと、時給制であろうと「時間外賃金」は、時間給に換算した額の2割5分増しを以上を支払う、と労働基準法で定められているのだ。
よくマスコミなんかでは、正社員が「残業代なし」に泣く泣く応じているケースが多いんですが、君たちはAgelu アゲール ナイトブラにもっとシビアでOK。